クラウンセルクリームは 使い方が超重要! 知ってる?

クラウンセルクリームは使い方に注意!

クラウンセルクリーム、使い方が要注意!って聞いたけど本当?

そうなんです。正しい使い方をしてこそ、クラウンセルクリームの効果出ますよ!

クラウンセルクリーム 塗るタイミングは?

クラウンセルクリームは 洗顔後、最初に塗ること!

クラウンセルクリームは、肌の細胞間脂質にセラミドを補うのが目的の保湿クリームです。

最初に化粧水やオイルを塗ってしまうと、バリア層部分にヒト型セラミドが補充されません。無駄になってしまいます。

クラウンセルクリームは、洗顔後、お風呂後、最初のすっぴんに塗ってください!

クラウンセルクリームはオールインワンとして使ってもいい

クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームは これ1本でもいい

クラウンセルクリームは、これ1本で保湿が完了するので、これ以外の基礎コスメは要りません。最小限にしたい人は、オールインワンとして使ってもいいのです。

え?化粧水は付けなきゃダメなんじゃないの?

いいえ。実は、化粧水ってつけてもつけなくてもいいコスメだって知ってました?

え?そうなの?化粧水だけは絶対毎日つけなきゃって思ってた・・・

化粧水は肌に水分を与えると思っている女性が多いのですが、化粧水では肌の水分は増えません。
肌ののごく両面の角質層を水浸しにして、ただ、ヒタヒタにしているだけでごく一時的なものなのです。そう、だから「化粧」水と呼んでいるのです。根本的に赤ちゃんのように水分をたくさん含んだ肌にしているわけではありません。
 
間違い:
化粧水を塗ると肌の水分量が増える。
正解:
肌の水分保持力そのものを強化するようなスキンケアが大事!

実は、クラウンセルクリームは、肌が自分自身で持っている「水をため込む力」がしっかり発揮できるように細胞間脂質にセラミドを補うというコスメなのです。

肌に水分を与える

のではなく、↓↓

肌自身が 水分を溜め込める力を 強化する

という役割を担っているクリームなのです。

 

そもそも、化粧水はどんなにつけても表面の角質層を水でふやかしているだけで、時間とともに蒸発します。いたちごっこですね。

クラウンセルクリームは セラミドを肌に補充

クラウンセルクリームの成分に「ヒト型セラミド」が豊富に含まれています。これを肌に塗布し続けることでスカスカに隙間だらけになっている肌の間を埋めて、水分が逃げにくい丈夫な肌にすることができるのですよ。

クラウンセルクリームの使い方

クラウンセルクリームは角質層の細胞間脂質を埋める

角質層を拡大すると、沢山の細胞と細胞の間にはスキマがあります、この隙間がスカスカだと、どんどん水分は逃げて行ってしまいます。それが乾燥なのです。

クラウンセルクリームの使い方

細胞と細胞の間のスキマにみっちり細胞間脂質=セラミドが主成分が埋まっていると、水分は逃げにくくなります。これが「乾燥しない肌」になる秘訣です。

クラウンセルクリームは、細胞間脂質をセラミドで満たすクリーム!

クラウンセルクリーム 使う順序が大事!

クラウンセルクリームの使い方

え?クラウンセルクリームは、
化粧水の前につけるんだ!後じゃないんだ!

そうなんです、とにかく洗顔後にすぐにクラウンセルクリームを使わなくてはダメ。

クラウンセルクリームは細胞間脂質を補うから、最初につける!

乾燥した肌には水分をひたひたに与えればいいんでしょ?

いいえ。

肌自身が水分の蒸発を防ぐ力を強化することが大事です。
シートパックなんてしなくてもずっと潤い続ける肌にすることです。

だって、赤ちゃんや子どもは、化粧水なんてつけなくても、いつも水分がたっぷりの肌を保っています。それは肌のバリア層がしっかりしていて、「水分が蒸発しない」肌だからなのです。

赤ちゃんのように「水分を自分で保持する力を持った肌」になりましょう!

クラウンセルクリームの使う順序が大事な理由

細胞間脂質がスカスカだと、あっという間に水分が蒸発するんだよね。

細胞間脂質 

 

この細胞間脂質を補えるのが、クランセルクリームの成分の特徴です。スカスカの隙間を埋めるようにまずクラウンセルクリームを塗りましょう。だからこそ、最初に他の化粧品を塗ってはNGなのです。

スカスカ 隙間だらけの細胞間脂質にセラミドを補おう!

凄いショック、、、私の細胞間脂質、絶対スカスカだと思う。
だって何塗ってもすぐ乾燥するもん。

わかる!毎晩シートパックしているのに朝には乾燥してる!
なんでだろうって思ってた・・・そっか、細胞間脂質がスカスカなのかも・・・

いくら表面だけに水分を与えても無駄ですね。きっぱり。

クラウンセルクリームを最初に塗ることで正しく使える!

水分を自分で抱え込めるようになると、バリア層が強くなります。隙間がみっちり埋まった角質層は、外部からの刺激に強くなり、乾燥もしにくくなります。

①クラウンセルクリームでセラミドを細胞間脂質に補充する。

②セラミドが豊富な肌は、バリア層が強くなる。

③バリア層が強くなると、外部からの刺激にも強くなる。

④バリア層が強くなると、乾燥しにくい肌になる。

⑤自ら水分を抱えこみ、潤う肌になる。

⑥外部からの刺激に強いので、メラニンが作られにくくなり、くすまなくなる。

⑦敏感肌がやがて丈夫な鈍感は肌に。安定する。

クラウンセルクリームが単に肌の表面を油や水でヒタヒタにするだけの他の保湿コスメと全く違う働きをするのがお分かりいただけたでしょうか?

それでもやっぱり最初は乾燥する!人はどうすれば?

さんざん、間違った洗顔料や、スクラブ、ピーリング、オイルクレンジングなどで、角質の細胞間脂質がスカスカになっている人は、最初にクラウンセルクリームを使っても保湿力が足りない感じがするかもしれません。

 

その場合は、クラウンセルクリームの上に、化粧水やオイルをつけ足してもOKなんだそうです。


最初にセラミドが補填された角質層の上に、ふたをするイメージでつけるといいでしょう。

クラウンセルクリームを真っ先に付けて、
その後に化粧水やオイルをつけるのはOK!

クラウンセルクリームの使い方 まとめ

クラウンセルクリームの目的は、肌の角質層の細胞間脂質にセラミドを補うこと。

洗顔後に 真っ先にクラウンセルクリームを塗ってください。

その後、物足りない人は手持ちの化粧水や美容液などを付けてもOKです。

 

クラウンセルクリームを気長にずっと使ううちに、バリア層が丈夫になり、クラウンセルクリームだけで潤うようになり、そのうち何も付けなくても、一日や二日ぐらいなら乾燥しない肌になると思います。

私

私もどんどん他のコスメが要らなくなりましたよ。

クラウンセルクリームで、セラミドを毎日肌に補充しよう!

セラミドは、残念ながら洗顔で流れて行き、また加齢で減ってしまいます。セラミドをコスメで外から補うのは、肌のバリア層を強く健康に保つのにもっとも手っ取り早い方法なのです。

コスメオタクの美容家
コスメオタクの美容家

え?セラミドは加齢でも減るの?やばいワ・・・・

赤ちゃんがプルプル肌で、老人がカサカサ肌なのは、皮脂腺の衰えやコラーゲンの生成力もありますが、肌のセラミドの減り具合も影響しているのですね。

 

毎日クラウンセルクリームでセラミドを角質層にそっと補い、丈夫で水分保持ができる肌になりましょう。

 

疑い深い女性
乾燥女性

親の仇かと思うくらい、水分を与えているのに乾燥するのよ・・

そんないたちごっこから抜け出せますよ!

クラウンセルクリームは毎日塗るの?朝晩塗るの?

クラウンセルクリームは細胞間脂質を補い、自ら水分を挟み込み保持する力を強化するケア。

よって、毎日塗りましょう。

 

そして基本はメイク落としなど強い洗浄力の洗顔するとセラミドは流れてしまいますので、その後必ず塗ります。

朝は ぬるま湯だけで洗顔する、という方はクラウンセルクリームは塗らなくても大丈夫ですが、最初の頃は、朝もきちんと塗り、つねにバリア層がきちんと隙間がないような状態を保つべきです。

 

そのうち「乾燥しなくなった・・」と感じたら、朝は省いてもいいと思います。

 

実際、私も朝晩塗っていましたが、乾燥しなくなってからは夜のお風呂上りのみ塗っています。

 

私

それでも乾燥知らずになりましたよ!ラクチンな使い方!

クラウンセルクリームの使い方 まとめ

クラウンセルクリームの使い方 まとめ
クラウンセルクリームは洗顔後最初につける!毎日つける!
そのうちクラウンセルクリームだけで潤うようになったら他のコスメは不要!
クラウンセルクリームは公式サイトの定期購入が最安値! ↓↓↓↓↓ クラウンセルクリーム公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました