クラウンセルクリームの成分を解析!どんな成分が入ってる?

クランセルクリームの成分は?全部解析しました!

沢山の成分が入っていますが、一つ一つ全部明らかにしてみましょう。

クラウンセルクリームの公式ホームページに下記の通り記載がありました。全成分
引用元:クランセルクリーム公式販売ページ


セタノール
BG
ラウロイルグルタミン酸ジ

エチルヘキサン酸セチル
グリセリン
トリエチルヘキサノイン
ペンチレングリコール
PCA-Na
セラミドNP
ムコールシルシネロイデス油
ヒアルロン酸Na
トコフェロール
水添レシチン
キサンタンガム
ヒドロキシステアリン酸

コレステリル(羊毛)
ステアリン酸ポリグリセリルー5
ジメチコン
バチルアルコール
メチルパラベン
プロピルパラベン

きゃーーー! 化学は苦手よ! 全然何が入っているのかさっぱりわからないわ!

そうですよね、でも大丈夫。すべての成分を調べました。これらを、まず成分の働きという切り口で以下の3つに分類いたします。

クラウンセルクリームの成分、 4つに分類!

①化粧品の基材(何に混ぜるかということ)
②保湿成分
③界面活性剤・乳化安定剤
④酸化防止剤・その他

この4種類に分類します。

①化粧品の基材・ベース


BG

どのコスメにも必ず入っている化粧品のベースの成分。サラッと水分形状なのか、ジェル状なのか、トロトロなのか、オイルなのかなどのテクスチャーを決める成分です。とにく肌に何か作用をもたらすものはありません。

②保湿成分

ラウロイルグルタミン酸ジ(羊毛)
エチルヘキサン酸セチル
グリセリン
トリエチルヘキサノイン
ペンチレングリコール
PCA-Na
セラミドNP
ムコールシルシネロイデス油
ヒアルロン酸Na
ヒドロキシステアリン酸コレステリル(羊毛)
バチルアルコール

さすが!保湿クリームというだけのことはあるのね!すごく保湿成分がたっぷりよ。

そうなんです。クラウンセルクリームはこの部分がみっちり成分が豊富。保湿を狙っているコスメなので、当然と言えば当然ですね。いかに「保湿効果」が高いかどうかはここの成分を見ればわかりますね。

クラウンセルクリームは保湿成分が種類も多く、たっぷり入っている!

③界面活性剤(乳化安定剤)

セタノール
水添レシチン
キサンタンガム
ステアリン酸ポリグリセリルー5

化粧品、コスメには必ずと言って入っている乳化安定剤。なぜなら、どうしても水と油は分離するからです。クリームや乳液状の化粧品には必ず乳化剤が必要なんですね。界面活性剤というと「悪」のように言う人がいますが、油と水分を混ぜ合わせて乳化したあとは、特に肌に何か作用を及ぼすことはありません。

④酸化防止剤・抗酸化剤(防腐剤)・その他

トコフェロール
メチルパラベン

プロピルパラベン

化粧品は必ずそのままだと腐ります。水が入っている限り腐りやすいのです。それを防止するためにもいわゆる防腐剤は必須。クラウンセルクリームは一番最後に記載があるので、入っている量はかなり少なめと思われます。

⑤その他

ジメチコン(シリコンの一種) 

テクスチャーを滑らかにする役割。多くのコスメにはいっています。化粧品のテクスチャーを良くするために入れられるもので肌に害はありません。

逆に、「伸びが良くてするっと肌に密着する、塗るとすぐに手触りもツヤもいいクリームファンデーション!」という派手な謳い文句のコスメは要注意

「伸び」「触り心地」のいい化粧品には必ずこのシリコン系の成分が大量に使われています。塗ると美肌になるクリームファンデーションとか間違いなく入っていると思います。

クラウンセルクリームはそんなに伸びもよくないし、テカテカ光っているテクスチャーの訳でもありませんね。最小限使い勝手を良くする程度にジメチコンが配合されているのだと思います。

シリコンやポリマー系といった肌にビニールのような被膜(ツルツルする)を形成する成分を過度に入れていないクリームだと思います。

クラウンセルクリームの成分 他との違いは?

結局、他の保湿クリームと違う点は何なの?何が特別なの?

クラウンセルクリームのと特徴的な点について説明していきますね!

クラウンセルクリームの成分 「ヒト型セラミド」が特徴!

セラミドNP=ヒト型セラミド

クラウンセルクリームに配合されているセラミド。実はここに高い保湿力の秘密があります。特に特徴的なのはヒト型セラミドです。

セラミドNP = ヒト型セラミド 

seramid

ヒト型セラミドとは?

いまや、乾燥肌のケアに「セラミド」がカギを握っているのは有名なお話です。その中でも「ヒト型セラミドが」最もひとの肌に馴染み、保湿力が高い成分です。

実は、セラミド成分の中でも、「ヒト型セラミド」は原材料の単価がすごく高いんです。安いコスメだと合成された大量に生産できるセラミドが使われています。クラウンセルクリームはこの「ヒト型セラミド」成分が豊富に配合されています。

セラミドは、肌の細胞間脂質にあるもので、水分の保持力と大きな関係を持っています。乾燥が収まらない、という人はこの肌のセラミドが不足している場合が多かったりします。

セラミドは さまざまな種類がある!

実は、コスメに配合されるセラミドにも現在様々な種類があります。

①天然セラミド
馬の脊髄から抽出されるもので、まさに「天然もの」。でも馬のセラミドは人の肌のセラミドと組成が異なるので意味なし。(セラミドを作るサポート力はあるそう)
②疑似セラミド
化学的に合成されるもので、安いセラミドコスメに入っていることが多い。人の肌の角質にあるセラミドと組成が違うのでこれもイマイチ。
③植物セラミド
米、こんにゃくから取れるがその組成が セラミド+グルコース(糖)という構造をしており、セラミドと全く別物。
④ヒト型セラミド
もっとも 人の肌の角質の細胞間脂質にあるセラミドに近いもので12種類に分類される。もっと細かく言うと300種類以上あるとか。ヒトの肌の角質層に存在するものなので馴染みが良い。ヒトの肌のセラミドを補るのは、このヒト型セラミドのみ!

そして ここでポイントなのは、一番いいと思われるヒト型セラミドは、当然疑似セラミドよりも 原料費がはるかに高いのです。

疑似セラミドよりもヒト型セラミドの方が高額で、最も人の肌の細胞間脂質のセラミドに近く肌馴染みが良い。

セラミドなら何でもいいっていう訳じゃない!

セラミドって沢山種類があるのね!「セラミドならば何でもいい」という訳じゃないのね!びっくりよ。

セラミドにはものすごく種類があり、どの種類を どんな配合で 調合するかでそのコスメの保湿保持力は大きく変わってくる!

年齢と共に減っていくセラミドがある?

ヒト型セラミドにもたくさん種類があるのですが、年齢を重ねると減るセラミドがあるのです。化粧品で積極的に補いたいですね。そのセラミドの一つが ヒト型セラミドの1種、

セラミドNP

なのです。クラウンセルクリームにはれがばっちり配合されています。

dd

クラウンセルクリームには肌馴染みのいいヒト型セラミドが配合されている!
日本の表示だとセラミド(3)と表記されていることが多い。セラミド(NP)という英字表記はヨーロッパにならった表記

クラウンセルクリーム 保湿成分が豊富に配合!

他にも沢山の保湿成分がクラウンセルクリームには配合されています!

■ヒアルロン酸

ruanir

あまりに有名な保湿成分ですね。水分を保持する力がものすごく強いです。保湿系のコスメには必ず入っているといえるでしょう。クラウンセルクリームにももちろん入っています。

■PCA-Na

天然保湿因子の一つ。肌を柔らかく弾力を保つ役割がある成分です。

PCA

■γリノール酸

rinoreij

γリノレン酸は、必須脂肪酸の一つ。不足しないようにケアで補うことができるように入っています。

クラウンセルクリームには保湿のための成分が 豊富に配合

クラウンセルクリームに アンチエイジング成分は入っている?

クラウンセルクリームはシワに効くなどのアンチエイジング成分は入っていません。

え?入っていないの?がっかり!つまらないわ!

私も最初はそう思っていました。でも、色々な化粧品を使ううちに、

そもそも化粧品で皮膚は若返らない。何故なら化粧品の成分は、肌のバリア層より下に浸透しないから

ということを知りました。皮膚には強固なバリアゾーンがあり、その奥に成分はそう簡単に入っていかないのです。逆に簡単に入っていったらアブナイですよね?

クラウンセルクリーム成分

それよりも保湿して自分で水分を抱え込み、バリア層を丈夫にすることがターンオーバーを正常にする秘訣なのでは・・・と気づきました。

化学的な成分を無理やり肌の奥にしみこませるよりも、
バリア層を強くすることが大事!

クラウンセルクリームに 美白成分は入っているの?

ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチン、ハイドロキノンなどの美白成分が化粧品にはよく含まれていますが、クラウンセルクリームにはそういった美白成分は含まれていません。

あくまで、肌のバリア層の細胞間脂質を強化するためのクリーム。そのバリア層をくぐり抜けてシミの部分に有効成分を届けるという矛盾することになる美白成分は入っていません。

実はそもそも、「美白成分」というものは、肌の奥深く、角質層のさらに奥、真皮の部分に到達しないと効き目が全くありません。肌の角質部分に美白成分をヒタヒタしみこませてもちっとも効果はないのです。

クラウンセルクリームは肌の本来のバリア層を強化するためにヒト型セラミドを入れているクリーム。

肌のバリア層を壊してまで肌の奥に美白成分を通す危険を冒すのはお勧めしません。

クラウンセルクリームに美白成分は入っていません。
そもそも美白成分は肌のバリア層を通りません。

クラウンセルクリームの成分を見て わかることとは?

全成分を一つ一つ見ていくと、「保湿剤・エモリエント剤が主な成分である」ことは間違いありませんね。

あとはクリームの触り心地、テクスチャーを良くするための成分と、油と水を安定して乳化するために入れた安定剤と少しの防腐剤というシンプルな処方です。

最新技術の美白剤とか、(アルブチンとかビタミンCとか)ナノ成分とかリポゾーム化など、新しい技術や成分もありません。

あとはナチュラルコスメ、オーガニックコスメにありがちな植物由来のいろいろな成分も入っていません。洋ナシエキスとか ローズマリーエキスなど)

クラウンセルクリームの成分は 保湿成分が主成分のシンプルな処方!

クラウンセルクリームの成分 着色料、香料は入っている?

肌が敏感な人が気になるコスメの「着色料」や「香料」は入っていません。無着色・無香料です。

クラウンセルクリーム 成分解析 まとめ

以上、成分の分析した結果をまとめてみました。

クラウンセルクリームの成分
・ポイント保湿成分が物凄く豊富に入ってる
・特に肌に馴染みやすいヒト型セラミドを配合
・乳化剤・防腐剤は入っているが少な目だと思われる
・香料着色料は無添加
・美白成分・アンチエイジング成分は入っていない
・植物天然エキスなどは入っていない

こうしてみると、すごくシンプルな働きを行う保湿クリームだとわかりますね。もともと肌の奥深くには化粧品の成分なんてしみこみ浸透することはありません。

肌の表面のバリア層を強化し、細胞間脂質のセラミドを不足してスカスカにならないようにすること。これがスキンケアの最も大事な点です。それを手軽にクリームを塗布することで、補えるクリームなのです。

 

クランセルクリームの口コミを見る

クラウンセルクリームの全成分検証 引用元・参考文献

全成分を調べるにあたって、
日本オーガニックコスメ協会の成分辞典のサイト

化粧品成分オンライン

を参考引用元とさせていただきました。

※参考サイト:
セラミドは何故肌の健康に重要か(東京都医学総合研究所)

セラミドとその代謝産物の皮膚における役割(公益社団法人日本生化学会)

コメント

タイトルとURLをコピーしました